top of page

Misaki さき

​目醒めの表現者

​(スピリチュアルアーティスト)

薬剤師

色んなことがあっても、すべてを抱きしめて、自分も、自分以外の生きとし生けるすべてを愛して生きていく。

そういう生き方に惹かれる、目醒めを選択したあなたが、今までの人生からは、想像もできないような自分の可能性を見つけて拓いていく、お手伝いをしています。

周囲のために行動するのは、素晴らしい。一方で、自分の内側のためにも行動するのが、「目醒め」の生き方。

自身のスピリチュアリティを生かして「本質」を捉え、内側を大きく変えていくことが得意なMisakiだからこそ、伝えられることがあります。

 

霊知に長けており、「本質」や「核心」を見抜くこと、重要な過去世のヴィジョンを視ること、物と会話することが得意です。​木花咲耶姫のような、癒し系のほんわりとした雰囲気が好評です。

  • Instagram
  • hatenablog-logo000
  • Line

Kayo かよ

​スピリチュアル

カウンセラー

本来は誰でもスピリチュアル的能力を持っている。

今は使い方を忘れているだけ。

そして、自分がいる世界は自分が主人公である。

だから自由に自分の人生を描ける。

 

そういった想いを伝える為に活動をしています。

能性を広げたい方、自分を信頼したい方、一歩前へ踏み出したい方のサポートをしています。

具体的には、ブレない自分を作る独自メソッドと本来持っているスピリチュアル的能力をを日常で道具として使う方法を、セミナーや個人セッションを通してお伝えしています。

あなたの人生が明るく豊かになるようサポートいたします。

​相手の感情を実感と共に読むことと強力なヒーリング力でエネルギーを動かすのが得意です。

​宇宙の始まりをほうふつとさせる、包み込むような温かい雰囲気が好評です。

  • Instagram

Kayo's Story

2歳の頃から多くの不思議体験をしていましたが、子供だったので周りの人に言う事はありませんでした。

13歳の頃、周りに振り回されずに自立して生きていくために「自分軸」を生み出しました。

​この事で、自分の事は自分で判断をする力を徐々に付けていきました。

15歳の時にモヤッとして言葉になっていなかった「自分軸」にピッタリな言葉に出会い、「自分軸」のテーマが磨かれていきました。

その言葉は「真善美用」です。

意味は、”真実や善悪を自らの力で見抜き、美しいものを美しいと感じる感情を持ち、世界に必要とされる人になる”です。

 

結婚後、子育てもこの「自分軸」を柱に子育てをしました。

現在娘は、薬剤師、博士(薬学)としてアカデミックな側面と、鋭い感性を生かすスピリチュアルな側面とを持ち合わせて活躍しています。

そして、一緒にこの 光と音の翼 を運営しています。

 

しかし、家庭生活や子育ての中でいつの間にか「家族の為に自分を後回しにする」という自己犠牲をしていました。

その為に、体調、メンタルを崩してしまい、生きる模索を始めました。

経済、教育、思想、宗教、歴史、医療等幅広く学び、社会の在り方の中で、根本にスピリチュアルがある事を再認識しました。

そして、再度スピリチュアルを学び、スピリチュアルにハマるのではなく、スピリチュアルを使いこなせる様になる

高次の情報を織り込んだ完全オリジナルのメソッドを構築しました。

現在、誰でもスピリチュアルを道具として使いこなせる様に、

この完全オリジナルメソッドを個人セッションで提供し、セミナーでその基本的考え方をお伝えしています。

Misaki's Story

幼少期から目に見えない世界に興味を持ち、神様やブッダ、神社や寺が大好きで、人の家で仏壇を見つけては拝みに行くという、謎の逸話を持っている、ちょっと変わった子供でした。

また、母Kayoの教育の方針もあって、「なんで?」という思考の多い子供でしたが、今でも自分と向き合うときにとても役に立っている、大切な思考です。

中学生の進路選択の際、自分が病弱だったこと、道端の草が薬になることに感動して魔女に憧れていたことで、東洋医学に詳しい薬剤師を目指すことに決めました。

とにかく人が争っているのが苦手で、どうしたら世界が平和になるのか、こんこんと考え始めたのもこの頃でした。

薬学部進学に向けて受験勉強真っただ中の高3の冬、信じられないような病気のかかり方と入院を経験し、そこから人生における病気になる意味や本当の意味で病気を治し、予防するにはどうすればいいか、「本質」に着目して考えるようになりました。

そうするうち、2016年頃から世の中に強い違和感を覚え始め、薬剤師免許を取得して大学院に進学した2019年、スピリチュアルの中でも「目醒め」という生き方に出逢い、衝撃を受けました。

「目醒め」の話を聞いたとき、これこそが世界の真実であり、自分の生きたかった生き方だと悟りました。

それからは、ひたすらに日常の中で「目醒め」を実践する日々が始まり、色々な物や人と運命的な出逢いが訪れる中で、アセンション数秘術をスピリチュアルカウンセラー阿蘇湧真さんに師事し、2020年には、博士課程で研究をする傍ら、導かれるようにしてアセンション数秘術カウンセリングをスタートしました。

ZOOMでのカウンセリングに加えて、占いカウンセリングサービス「Stella」でも、数秘術カウンセラー・チャネラーとしてチャットの個人セッションを行い、延べ50名以上の方のご相談をお受けしてまいりました。

有り難いことに、どの方にも

『話しやすい』『前向きになれる』『受け入れてもらえて心地いい』等、

嬉しい評価をいただきました。

2023年には、博士(薬学)を取得し、それまでと違う環境で「目醒め」と「自分」にさらに深く向き合う日常が始まりました。

日常の中での「向き合い」に専念するため、個人セッションを控えていましたが、2024年、自分のガイドたちから強烈に促され、Youtubeでの活動と新たな個人セッションを始めることになりました。

 

私たち人類はこれまでにない時代に突入しようとしています。

どういう時代か、それは、これまでのような「正解」のない時代です。

自分で自分の人生を選択し、責任を持って生きていく。

一見厳しいように思えますが、実にシンプルで、クリエイティブでエキサイティングな時代の到来なのです。

そんな時代において、あえて「正解」という言葉を使うのなら、「正解の生き方」はハイヤーセルフとして生きるということです。

ハイヤーセルフとは、本来のあなたの姿、大我といわれるような、すべてを包括した、魂のあなたのことです。

ハイヤーセルフは完璧なのですが、完璧がゆえに、「できる」だけでは、完璧ではないことに気づき、「できない」経験をするために、試行錯誤して、今の地球での生き方により、「できない・やれない」という制限を信じ切ることに成功しました。

ここからの時代は、「できない・やれない」の思い込みを外して、ハイヤーセルフに戻っていく、魂をかけたチャレンジを始めるタイミングが来ています。

完璧なハイヤーセルフの意識において、自分の人生に対する、ある意味答えとも呼べるものは、すべて「あなたの中」にあり、外側の誰かや何かから与えられることはありません。

でもあなたの中には、ハイヤーセルフを始め、ずっと見守ってくれているガイドたちやご先祖様のような目には見えない応援団もいるし、身の回りの大切な人や私Misakiや母Kayoも目に見える応援団として存在しています。

すべてがあなたであって、あなたがすべてである、その視点さえ失わなければ、自分が生まれる前に決めてきた人生を迷いなく歩いていけます。

想像してみてください、やりたいと思ったことは何でもできるし、行きたいところにも行ける、何もできないことのない自分を。

とってもわくわくしてきませんか?

​私たちと一緒に、ハイヤーセルフの意識で地球を生きていく、きっかけになれたら幸いです。

bottom of page